精神的に安定しないフリーター

フリーターが就職しないメリットとしては、会社に縛られることが少ないため、自分の裁量で時間が自由に使えるということです。正社員になれば責任も大きくなり、残業が必要になる場合もありますが、アルバイトはそういうことがないため、自分の時間をしっかり持つことができます。収入以外にしたいことがある場合などに、生活費を得ながら余った時間を自分の好きなことに費やすことができるのもフリーターのメリットです。もちろん正社員でもそれは可能ですが、時間的に制約されるためフリーターほど思うようにいかない場合があります。自分で働く計画を立て、勤務時間を調整できるのはフリーターの強みと言えるでしょう。就職すれば平日は毎日朝から出勤することになりますが、フリーターはそのような必要がないため、精神的に楽な面があります。しかも会社の出世競争とは縁がないため、煩わしい上司との関係や人間関係に悩まされることも少ないです。アルバイトとはいっても勤務において周囲との関係に悩むこともありますが、正社員に比べて会社に依存しているわけではないため、合わなければすぐに辞める決断もできます。一方、フリーターのデメリットとしては、安定した収入にならないということです。就職していれば毎月一定の給与が入ってくるため、将来に向けての生活設計もしやすくなります。アルバイトの場合は短期の場合も多くあり、働いていない時はアルバイト料が入ってこないため、経済的に苦しくなることがあります。また正社員と比較して、アルバイトは解雇されやすい状況にあるのもデメリットです。もちろん正社員の場合でも会社倒産のリスクはありますが、切実な問題として感じることはそこまでありません。しかしフリーターの場合は、職場にようやく慣れた時に解雇というようなこともあります。一般的にフリーターの収入は、就職している人に比べてどうしても低くなります。自分でうまく仕事の調整や計画を立てなければならず、正社員にはない苦労があります。またローンやクレジットカードの作成は安定した収入があるかどうかを見られるため、フリーターの場合は条件が不利になり審査が通らない場合があります。将来的な収入を見込んで何かを購入するようなこともしにくくなり、安定性に欠けるのがデメリットです。正社員のような福利厚生がないことも多く、また頻繁に職場が替わるためしっかりした人間関係ができにくいのもマイナス面です。アルバイトの仕事は単純作業が多く、仕事に関しての長期的に生かせるスキルが身につきにくい面もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です