フリーターは自分の価値観を信じるべき

フリーターのメリット・色々な仕事を経験できるフリーターは雇用形態がアルバイトなので、色々な仕事を経験できるというメリットがあります。一般的に就職したらそのジャンル内でしかスキルを伸ばすことはできませんが、フリーターの場合は退職や転職も比較的簡単にできるので色々な仕事を経験しやすいです。・責任ある仕事が少なく気軽に望める会社は社員で運営されていて、そこにお手伝いのような形でアルバイトが入ることが多いです。ですので責任ある仕事の多くは社員が行うため働きやすくなっているといえます。もちろん、だからといって手を抜いてもいいというわけではありませんが、大切な決定事項などを自分で判断せずにできるので気軽に仕事をすることができます。・生活スタイルにあった仕事を探しやすいフリーターが就職しない最大のメリットがこれになると思います。おそらくフリーターの多くの人がフリーターでいる理由がこれになるのではないでしょうか。就職して正社員として働く場合、特に日本の企業は会社のために身を酷使するのが当たり前のような風潮もあって、仕事に合わせて生活スタイルを作っていく必要があります。ですがフリーターの場合、他に新たに資格を取りたい時や本業を他に持っているけれど収入が少なくて生活できない人などでも、気軽にアルバイトで生計を立てることができるのが魅力です。自分のライフプランに合わせた働き方がしやすくなっています。☆フリーターのデメリット・給料が安い基本的にアルバイトは時給制のものが多く、給料も安めになっています。また勤続年数が長くなったからといっても収入は比例して上がっていくとはかぎりません。上がったとしても微々たるものです。責任のない立場なのでどうしても給料は安くなってしまいます。・安定していないだんだんとフリーターとしての働き方というのも出来てきつつありますが、それでもまだフリーターはいつでも解雇できる便利な人材という認識が強い企業が多いです。もともと1つの事業のために雇ったアルバイトで、その事業が終了するタイミングで仕事が終わるという場合もありますが、事業がうまく行かず規模縮小や方向転換する場合に切り捨てられる最初の人材という位置付けなのは否めません。安定性がないためローンを組むことも難しい場合が多いです。・社会的地位が低い社会的地位もまだまだ低いといえます。まだフリーターとして働き続ける仕組みができていないため、安定性にもかけますし、前述の通りローンが組めなかったりフリーターだから出来ないことも多いです。また、特に年配の人から見ると会社で正社員で働くのが当たり前という価値観の人も多いため、そうでないフリーターを蔑む傾向も強いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です