フリーターが知っておくべきメリット・デメリット

フリーターとして定職に就かず、自由なスタイルで生計を立てている方も、今の社会では少なくはないと思います。そんな就職をせずに生活をしているフリーターにおいて、一体どんなメリット・デメリットがあるのか考えてみたいと思います。まずフリーターが就職しないメリットについてです。フリーターの最大のメリットというのが、自分の好きなように時間を作り出すことができるという点です。特に、こだわりを持った趣味をお持ちの方に大きな恩恵があると思います。基本的にアルバイトやクラウドソーシングがフリーターの主な収入源になるかと思いますが、自分の好きな時間帯に働き、収入や仕事の負担を自在にコントロールできます。それによってプライベートの時間を確保でき、自分のスタイルに合った生活が可能になるのです。加えて、正社員として働かないことで、責任を持たなくていい仕事のみになるので、精神的にも負担の少ない業務ができます。プレッシャーに弱い方には大きなメリットがあると言えます。もちろん職場の雰囲気が合わなければ、簡単に職を変えることも可能です。反面フリーターとしてのデメリットについてですが、特に男性の場合に言えるのですが、まず結婚を考えられない面です。家庭の大黒柱がフリーターでは、家族を支えられませんし、そういった男性を女性は結婚相手として求めません。婚活において当然大きなハンディキャップとなります。また、厚生年金の支払いに正社員の方と差が生じてしまうので、将来的にもらえる年金額に差が出る恐れがあります。ただし、年金システムが破綻しかけている昨今、年金を払わないという選択ができるフリーターは、もしかしたらこれはメリットとして考えることもできなくはないかもしれません。社会保険に関しても、加入しなかった場合、定職に就いている方と大きな差が出てしまう恐れがあります。特に大きな病気やケガなどをしてしまった場合は、自分自身に影響が舞い戻ってきます。いくらフリーターでお金の使い方が自由といっても、冷静に考えるべきだと思います。あとは、働き先の経営状況によって雇用が不安定になる恐れもあります。会社の状況や社会情勢によって、解雇されてしまう可能性も否定できません。安定した雇用は保証されないでしょう。いかがでしょうか?メリット・デメリット共に色々考えられますが、1人身の方はメリットが大きくと言えるでしょうが、家庭を考える場合はフリーターという選択肢は外して定職に就くべきだと私は考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です