フリーターは自分のベストな選択をするべき

フリーターって聞くと、あまりいいイメージ持つ方は少ないですよね。会社に就職するのが普通だよ!と思っている方がほとんどだと思います。良い会社に就職すれば、安定して幸せになれると私たちは教育されました。一方で、これからITビジネスや副業が推進される社会を考えれば、フリーターとして色々な経験をしていくほうが、これからの時代の働き方に合っているという方も少なくありません。そこで今回は、フリーターが就職しないメリット・デメリットをご紹介します。フリーターのメリット・自由な時間が多い。会社員は、その会社規定の就業時間に従わなければいけないため、一日の予定がかなり限られてきます。また、就業時間以外にも、会社の携帯を常備させられ、自分の時間がつくれないという方も多いように思えます。一方で、フリーターの場合は、仕事の時間を自由に決めることができます。休みだって、予定の組み方によっては、長くも短くも設定できるのは、フリーターの一番のメリットといえるでしょう。・多種多様な経験ができるフリーターの方は、だまっていても生活することができません。食べていくためには、どうにかして資金を作っていかなきゃいけない。日雇いの仕事や短期の仕事を経験されている方がほとんどだと思います。それにより、多くの人に出会い、多くの仕事に挑戦し、多くの経験を積むことができます。ここから自分のビジネスモデルが完成し、自分で会社をつくって社長になる方もいます。・ストレスが少ない現代社会では、自殺などの問題が重要視されています。働きすぎによるストレスや人間関係のストレス。過度のストレスは、私たち人間を苦しめる厄介な問題です。しかし、人間関係が苦手な人は、ひとりで仕事をすればいいし、自分で働きたくない人は、人を雇って収入が入るシステムを自分で作ってしまえばいいですよね。簡単なことではありませんが、自分の利益のために働くのと会社の利益のために働くのは、努力の質が大きく変わってくると私は考えます。好きなことは、いくらでもできてしまうのは当然なのです。よって、フリーターのように自分で仕事を厳選できるのは、ストレスフリーへの近道かもしれません。フリーターのデメリット・だれも守ってくれない会社勤めの方は、病気で入院した時やなんらかの原因で働けなくなったとしても、会社が給料を支給するシステムになっているのがほとんどです。一方フリーターは、自分で生命保険などに加入していなければ、なにかあった時に苦労します。国民健康保険や国民年金などの社会保険関係も会社が半分払ってくれないので、全額自分で支払いをしなければなりません。・社会的信用性がない金融機関でお金を借りる際などに、職業欄にフリーターとかくと審査が通らないことが多々あります。所得が多い人でも、なぜか疑われるという経験をした人もいるのではないでしょうか。よって審査に時間がかかったり、必要書類がおおくなったりとなにかとめんどーです。まとめ今回は、フリーターが就職しないメリット・デメリットをご紹介致しました。時代は変化をしていきます。自分の固定概念を捨てきれず、効率の悪い仕事や未来のない会社で一生を過ごす生活は、自分にとってベストな選択なのでしょうか。変化できる者こそ、新時代を築いていけると私は考えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です