精神的に安定しないフリーター

フリーターが就職しないメリットとしては、会社に縛られることが少ないため、自分の裁量で時間が自由に使えるということです。正社員になれば責任も大きくなり、残業が必要になる場合もありますが、アルバイトはそういうことがないため、自分の時間をしっかり持つことができます。収入以外にしたいことがある場合などに、生活費を得ながら余った時間を自分の好きなことに費やすことができるのもフリーターのメリットです。もちろん正社員でもそれは可能ですが、時間的に制約されるためフリーターほど思うようにいかない場合があります。自分で働く計画を立て、勤務時間を調整できるのはフリーターの強みと言えるでしょう。就職すれば平日は毎日朝から出勤することになりますが、フリーターはそのような必要がないため、精神的に楽な面があります。しかも会社の出世競争とは縁がないため、煩わしい上司との関係や人間関係に悩まされることも少ないです。アルバイトとはいっても勤務において周囲との関係に悩むこともありますが、正社員に比べて会社に依存しているわけではないため、合わなければすぐに辞める決断もできます。一方、フリーターのデメリットとしては、安定した収入にならないということです。就職していれば毎月一定の給与が入ってくるため、将来に向けての生活設計もしやすくなります。アルバイトの場合は短期の場合も多くあり、働いていない時はアルバイト料が入ってこないため、経済的に苦しくなることがあります。また正社員と比較して、アルバイトは解雇されやすい状況にあるのもデメリットです。もちろん正社員の場合でも会社倒産のリスクはありますが、切実な問題として感じることはそこまでありません。しかしフリーターの場合は、職場にようやく慣れた時に解雇というようなこともあります。一般的にフリーターの収入は、就職している人に比べてどうしても低くなります。自分でうまく仕事の調整や計画を立てなければならず、正社員にはない苦労があります。またローンやクレジットカードの作成は安定した収入があるかどうかを見られるため、フリーターの場合は条件が不利になり審査が通らない場合があります。将来的な収入を見込んで何かを購入するようなこともしにくくなり、安定性に欠けるのがデメリットです。正社員のような福利厚生がないことも多く、また頻繁に職場が替わるためしっかりした人間関係ができにくいのもマイナス面です。アルバイトの仕事は単純作業が多く、仕事に関しての長期的に生かせるスキルが身につきにくい面もあります。

フリーターは自分の価値観を信じるべき

フリーターのメリット・色々な仕事を経験できるフリーターは雇用形態がアルバイトなので、色々な仕事を経験できるというメリットがあります。一般的に就職したらそのジャンル内でしかスキルを伸ばすことはできませんが、フリーターの場合は退職や転職も比較的簡単にできるので色々な仕事を経験しやすいです。・責任ある仕事が少なく気軽に望める会社は社員で運営されていて、そこにお手伝いのような形でアルバイトが入ることが多いです。ですので責任ある仕事の多くは社員が行うため働きやすくなっているといえます。もちろん、だからといって手を抜いてもいいというわけではありませんが、大切な決定事項などを自分で判断せずにできるので気軽に仕事をすることができます。・生活スタイルにあった仕事を探しやすいフリーターが就職しない最大のメリットがこれになると思います。おそらくフリーターの多くの人がフリーターでいる理由がこれになるのではないでしょうか。就職して正社員として働く場合、特に日本の企業は会社のために身を酷使するのが当たり前のような風潮もあって、仕事に合わせて生活スタイルを作っていく必要があります。ですがフリーターの場合、他に新たに資格を取りたい時や本業を他に持っているけれど収入が少なくて生活できない人などでも、気軽にアルバイトで生計を立てることができるのが魅力です。自分のライフプランに合わせた働き方がしやすくなっています。☆フリーターのデメリット・給料が安い基本的にアルバイトは時給制のものが多く、給料も安めになっています。また勤続年数が長くなったからといっても収入は比例して上がっていくとはかぎりません。上がったとしても微々たるものです。責任のない立場なのでどうしても給料は安くなってしまいます。・安定していないだんだんとフリーターとしての働き方というのも出来てきつつありますが、それでもまだフリーターはいつでも解雇できる便利な人材という認識が強い企業が多いです。もともと1つの事業のために雇ったアルバイトで、その事業が終了するタイミングで仕事が終わるという場合もありますが、事業がうまく行かず規模縮小や方向転換する場合に切り捨てられる最初の人材という位置付けなのは否めません。安定性がないためローンを組むことも難しい場合が多いです。・社会的地位が低い社会的地位もまだまだ低いといえます。まだフリーターとして働き続ける仕組みができていないため、安定性にもかけますし、前述の通りローンが組めなかったりフリーターだから出来ないことも多いです。また、特に年配の人から見ると会社で正社員で働くのが当たり前という価値観の人も多いため、そうでないフリーターを蔑む傾向も強いです。

不安定がデメリット、でも大きいメリット

フリーターとは、非正規雇用という雇用形態で働いて生計を立てている人のことを指します。フリーランスアルバイターの略語で、仕事に応じて自由に契約する働き方のフリーランスとは異なります。基本的には収入が不安定で、シフト勤務であるなど一見条件が良くないように感じることもありますが、以下で非正規雇用のメリット・デメリットについてまとめました。【メリット】・シフト勤務現代では、自分の好きなときに働けるという選択肢が重要なアドバンテージになります。勤務地によりますが、フリーターであれば希望を伝えることである程度都合をつけることができます。サービス業などの一部業界では異なりますが、正社員のように月~金曜日の朝から晩まで働くサイクルを繰り返すより、自分で都合をつけることができて空いた時間に自分のしたいことを優先する働き方は魅力的です。・副業が可能日本では、正社員の副業はまだまだ認められていないように感じますが、フリーターは複数の職場を掛け持ちしても問題ありません。空いた時間に他の仕事の予定を入れるも余暇を楽しむも自由です。実際、2~3つの仕事を掛け持ちして一般の正社員よりも稼いでいるフリーターも多いです。・複数の仕事でスキルアップができるフリーターは副業が可能で、掛け持ちする職場は異業種でも構いません。そのため、様々な職場で働くことを通して世間の仕事のやり方を学んでいくということもできます。あるいは、その職業にしかないスキルを身につけて日常生活に生かすことで自分の人生の役に立てることができます。また、働く職場はひとつずつにしてスキルアップに重点を置いた転職を繰り返すことも比較的容易です。そのような転職の仕方をキャリア転職といいますが、正社員であれば簡単に転職を繰り返すことは難しいと思います。【デメリット】・給与体系が不利正社員はほぼ毎月もらえる給料が決まっていますが、フリーターはそうではありません。時間給で決まっているので働いた分しかもらえませんし、昇給もあまり期待できません。また、ボーナスもありません。正社員であってもボーナスが支給されない会社もありますが、年収に差がつきやすい理由の1つだと思います。・社会保険に入れない社会保険には加入条件を満たしていれば入れますが、基本的にはほとんど満たさないため、自分で保険に入らなければなりません。そのため、国民年金と国民健康保険を支払う手続きを自分で行わなければなりません。正社員であれば厚生年金がもらえますし、少し先のことから老後まで含めた将来を考えるとリスクが高いといえるでしょう。以上がフリーターの就職しないメリット・デメリットです。

フリーターが知っておくべきメリット・デメリット

フリーターとして定職に就かず、自由なスタイルで生計を立てている方も、今の社会では少なくはないと思います。そんな就職をせずに生活をしているフリーターにおいて、一体どんなメリット・デメリットがあるのか考えてみたいと思います。まずフリーターが就職しないメリットについてです。フリーターの最大のメリットというのが、自分の好きなように時間を作り出すことができるという点です。特に、こだわりを持った趣味をお持ちの方に大きな恩恵があると思います。基本的にアルバイトやクラウドソーシングがフリーターの主な収入源になるかと思いますが、自分の好きな時間帯に働き、収入や仕事の負担を自在にコントロールできます。それによってプライベートの時間を確保でき、自分のスタイルに合った生活が可能になるのです。加えて、正社員として働かないことで、責任を持たなくていい仕事のみになるので、精神的にも負担の少ない業務ができます。プレッシャーに弱い方には大きなメリットがあると言えます。もちろん職場の雰囲気が合わなければ、簡単に職を変えることも可能です。反面フリーターとしてのデメリットについてですが、特に男性の場合に言えるのですが、まず結婚を考えられない面です。家庭の大黒柱がフリーターでは、家族を支えられませんし、そういった男性を女性は結婚相手として求めません。婚活において当然大きなハンディキャップとなります。また、厚生年金の支払いに正社員の方と差が生じてしまうので、将来的にもらえる年金額に差が出る恐れがあります。ただし、年金システムが破綻しかけている昨今、年金を払わないという選択ができるフリーターは、もしかしたらこれはメリットとして考えることもできなくはないかもしれません。社会保険に関しても、加入しなかった場合、定職に就いている方と大きな差が出てしまう恐れがあります。特に大きな病気やケガなどをしてしまった場合は、自分自身に影響が舞い戻ってきます。いくらフリーターでお金の使い方が自由といっても、冷静に考えるべきだと思います。あとは、働き先の経営状況によって雇用が不安定になる恐れもあります。会社の状況や社会情勢によって、解雇されてしまう可能性も否定できません。安定した雇用は保証されないでしょう。いかがでしょうか?メリット・デメリット共に色々考えられますが、1人身の方はメリットが大きくと言えるでしょうが、家庭を考える場合はフリーターという選択肢は外して定職に就くべきだと私は考えます。

フリーターは自分のベストな選択をするべき

フリーターって聞くと、あまりいいイメージ持つ方は少ないですよね。会社に就職するのが普通だよ!と思っている方がほとんどだと思います。良い会社に就職すれば、安定して幸せになれると私たちは教育されました。一方で、これからITビジネスや副業が推進される社会を考えれば、フリーターとして色々な経験をしていくほうが、これからの時代の働き方に合っているという方も少なくありません。そこで今回は、フリーターが就職しないメリット・デメリットをご紹介します。フリーターのメリット・自由な時間が多い。会社員は、その会社規定の就業時間に従わなければいけないため、一日の予定がかなり限られてきます。また、就業時間以外にも、会社の携帯を常備させられ、自分の時間がつくれないという方も多いように思えます。一方で、フリーターの場合は、仕事の時間を自由に決めることができます。休みだって、予定の組み方によっては、長くも短くも設定できるのは、フリーターの一番のメリットといえるでしょう。・多種多様な経験ができるフリーターの方は、だまっていても生活することができません。食べていくためには、どうにかして資金を作っていかなきゃいけない。日雇いの仕事や短期の仕事を経験されている方がほとんどだと思います。それにより、多くの人に出会い、多くの仕事に挑戦し、多くの経験を積むことができます。ここから自分のビジネスモデルが完成し、自分で会社をつくって社長になる方もいます。・ストレスが少ない現代社会では、自殺などの問題が重要視されています。働きすぎによるストレスや人間関係のストレス。過度のストレスは、私たち人間を苦しめる厄介な問題です。しかし、人間関係が苦手な人は、ひとりで仕事をすればいいし、自分で働きたくない人は、人を雇って収入が入るシステムを自分で作ってしまえばいいですよね。簡単なことではありませんが、自分の利益のために働くのと会社の利益のために働くのは、努力の質が大きく変わってくると私は考えます。好きなことは、いくらでもできてしまうのは当然なのです。よって、フリーターのように自分で仕事を厳選できるのは、ストレスフリーへの近道かもしれません。フリーターのデメリット・だれも守ってくれない会社勤めの方は、病気で入院した時やなんらかの原因で働けなくなったとしても、会社が給料を支給するシステムになっているのがほとんどです。一方フリーターは、自分で生命保険などに加入していなければ、なにかあった時に苦労します。国民健康保険や国民年金などの社会保険関係も会社が半分払ってくれないので、全額自分で支払いをしなければなりません。・社会的信用性がない金融機関でお金を借りる際などに、職業欄にフリーターとかくと審査が通らないことが多々あります。所得が多い人でも、なぜか疑われるという経験をした人もいるのではないでしょうか。よって審査に時間がかかったり、必要書類がおおくなったりとなにかとめんどーです。まとめ今回は、フリーターが就職しないメリット・デメリットをご紹介致しました。時代は変化をしていきます。自分の固定概念を捨てきれず、効率の悪い仕事や未来のない会社で一生を過ごす生活は、自分にとってベストな選択なのでしょうか。変化できる者こそ、新時代を築いていけると私は考えました。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !